プラズマローゲンの原料

プラズマローゲンの原料は安全か

認知症に効果がある成分として期待されているプラズマローゲン

 

 

プラズマローゲンは私たちの体内のリン脂質のうち約18%を占める、私たちの体に必要な栄養素の一つ。
サプリメントも注目され、愛用者も増えています。

 

 

認知症に効果が期待できるとしても、毎日口にするものなのでその原料も気になりますね。
どんな原料で出来ているのでしょうか?
プラズマローゲンサプリは安心して毎日飲むことが出来るのでしょうか?

 

こちらでは、

  • プラズマローゲンの効果について
  • 原料について
  • 安全性について
  • おすすめのプラズマローゲンサプリについて

など、詳しく解説していきます。

 

プラズマローゲンの効果<おさらい>

プラズマローゲンは脳の情報伝達にも大きく関わりがあり、認知症の発症にも大きな繋がりがあるものなのです。
認知症は、脳内にアミロイドβが蓄積される事が原因で引き起こされるとされています。

 

 

アミロイドβはタンパク質の一種で、これによって脳の神経細胞が死滅してしまい脳萎縮が引き起こされてしまうのです。

 

アミロイドβが蓄積してしまう原因ははっきりとは解明されていないため、残念ながら認知症を治す確たる方法は今現在、見つかっていません。

 

しかし、その蓄積を抑える事で、認知症を予防したり認知症の症状を緩和させる事は可能とされています。

 

プラズマローゲンは、まさにそのアミロイドβの沈着を抑える効果があるのです。

 

 

プラズマローゲンの原料について

そんな認知症対策への希望の光とも言えるプラズマローゲンを配合したサプリの原料には、いくつかのものが使われています。

 

ホタテ

現在販売されているプラズマローゲンサプリの多くが、原料にホタテを使用しています。

 

 

ホタテに含まれるプラズマローゲンは、人間の体内にあるものと成分構成が近いのです。
またホタテには、DHAEPAも多く含まれているという特徴があります。

 

<メリット>
鶏胸肉に比べるとDHAやEPAが多く、商品数も多いので手に入りやすい。
間の体内にあるものと成分構成が近いため吸収されやすい。

 

<デメリット>
やや価格帯が高め。

 

鶏胸肉

ホタテに次いで原料として多く使用されているのが、鶏胸肉です。
一昔前までは、プラズマローゲンサプリの多くが鶏胸肉を使用していました。

 

 

ホタテと違って、鶏胸肉原料のプラズマローゲンは人間の体内にあるものとは少し構造が違います。

 

<メリット>
商品の種類が多く手に入りやすいサプリ。
比較的安価。

 

<デメリット>
鶏胸肉原料のプラズマローゲンは人間の体内にあるものとは構造が異なるため、ホタテより吸収率が低い。

 

ホヤ

数は少ないですが、ホヤもプラズマローゲンサプリの原料として使用されています。

 

 

珍味食品とされているホヤですが、プラズマローゲン含有量が多い事で知られているのです。
さらに、ホタテ原料のものよりも同量のプラズマローゲンに含まれる脂肪酸(DHAやEPA)が多く含まれています。

 

<メリット>
ホヤ由来のプラズマローゲンに含まれるDHA・EPAは、ホタテ以上に豊富。

 

<デメリット>
商品の数が少ない。
価格が高め。
*安価なDHAプラズマローゲンは添加物が多い。

 

原料の違いによる特徴

このようにプラズマローゲンサプリに使用される原料によって、それぞれ特徴が違ってきます。

 

プラズマローゲンの原料による効果の差異には、DHAEPAが大きく関係しています。
DHAとEPAには、脳の血管を強くしたり脳を若返らせてくれる効果があるとされています。

 

これらを多く含む原料であるホヤホタテは、脳を若返らせてくれる効果によって記憶力や思考力をアップさせてくれるのです。

 

 

こうしたDHAとEPAはオメガ3と呼ばれ、特に不足しがちな成分と言われています。
そしてこれらをプラズマローゲンと共に摂取する事で、プラズマローゲンの作用も高くして脳を活性化してくれる効果が見込める訳なのです。

 

現在、認知症を完全に治す事は医学的に難しいとされています。
しかしプラズマローゲンDHA・EPAは、認知症に効果がある成分である事も分かっています。
プラズマローゲンはアミロイドβタンパク質の蓄積を抑え、DHA・EPAは脳を活性化するのです。

 

こうしてそれぞれの成分が脳に働きかける事で、認知症への効果はより大きく期待できると言えるのですね。

 

 

原料によって、プラズマローゲンの効果は大きく違ってくる事もあります。
プラズマローゲンサプリはどれも同じではなく、原料をしっかりと確認する事で効果の出方にも大きく影響してくるんですね。

 

プラズマローゲンサプリは原料選びも大切

プラズマローゲンサプリは、他のサプリ同様に原料選びもとても大切なポイントです。
原料によっては、認知症へ作用する効果が大きく違うと言えるからです。
せっかくサプリを飲むのですから、より効果の高い原料を選びたいですよね。

 

 

そこで、DHAEPAを多く含んだ原料のサプリがおすすめなんです。

 

中でも手に入りやすいホタテを原料としたプラズマローゲンサプリは、体内に存在するプラズマローゲンと構造が近いため、吸収率も高く、効果が期待できるのでおすすめです。
しかし初めてプラズマローゲンを使う場合は、手頃な価格のサプリが多い鶏胸肉を原料としたサプリも良いでしょう。

 

 

鶏胸肉のプラズマローゲンサプリから始めて、もっと効果を高めたい場合にはホタテやホヤのサプリに変更するのも良さそうですね。

 

プラズマローゲンは、継続して摂取していく事でその効果をより発揮する事ができるとされています。

 

1日や2日飲んだだけでは、効果は出ないものなのです。
だからこそ、続けやすいサプリである必要があります。
自分に合った原料のものを見つけて、効果的にプラズマローゲンサプリを活用していきましょう。

 

次の記事では、おすすめできる安全な品質の高いプラズマローゲンサプリをいくつかご紹介します。